HOME > 基幹システム > 日次決算システム

人間性を育む日次決算システムのご紹介

~グループ毎の採算管理で、未来を作る~

日次データ年次データなど、過去を見てもわかりません

経営を飛行機の操縦と例えるなら、会計はコックピットにある計器。
「今」の状況がわからないコックピットでは正しい操縦はできない!!
社員全員が確認しあい、社員全員で行動する仕組み作りです。

各部、各グループ、各プロジェクト毎に日別の採算管理を!

社員全員で把握し、会社の利益を上げる

売上、利益、人時生産性などの数値で、社員同士が会話する。
リアルタイムに、コミュニケーションができるツールです。

機能紹介

グループ内のプロジェクト単位で予算を作成

実行予算という各プロジェクト毎の貯金箱をもとに集計します。

事業部A グループ1
  • 実行予算1-1
  • 実行予算1-2
グループ2
  • 実行予算2-1
  • 実行予算2-2
事業部B グループ1
  • 実行予算1-1
  • 実行予算1-2

グループ内のプロジェクト単位で予算を作成

日次締め処理

  • 日次締めの時間
    • 夜18:30と、翌朝5:00に日次締め
  • 日次締めの処理内容
    • 社内売買伝票を自動作成
      ※社内売買ルールが設定されていることが前提
  • 工数自動作成
    作業時間パターンを初期登録しておくと、作業日の朝に、作業時間工数が自動で作成されます
  • 実行予算毎の集計処理
    売上、進捗売上、原価、販売管理費、人時生産性、人時利益性など

工数入力

  • 工数は、人時生産性や実行予算別採算と利益計算を用います。
  • 日々の工数が同じなら、パターン登録により、自動で作成されます。
  • バッチ処理で、当日の工数データが自動で作成されるため、登録の煩わしさや、登録忘れを軽減します

工数入力

様々な伝票登録に対応!!

システムに登録する内容

  • 売上を最大に!
    属性の異なる売上の伝票登録
  • 経費を最小に!
    社外経費・作業工数(人件費)・販売管理費の伝票登録
  • 社内売買の登録でグループごとの損益を確認
    実行予算間での売買を登録

様々な伝票登録に対応!!

売上

通常売上の考え方
  • 物品販売
    売上発生時に随時登録します。
進捗売上の考え方
  • 請負型の受注
    • 事前に進捗予定の登録ができます
    • 受注金額を月次の作業進捗率によって分割し、日別に計算して計上することができます

通常売上の考え方
進捗売上の考え方

経費

経費登録の種類
  • 製造原価
    • 仕入
    • 外注費
    • 経費
  • 販売管理費
    • 旅費交通費
    • 地代家賃
      など

進捗売上の考え方

社内売買

社内売買の考え方
  • 実行予算間での売り渡し
  • 営業経費や管理部門経費などを工程ごとに社内の他の実行予算に売買

利用中の経理システムとデータ連携することが可能

カスタマイズを必要としますので、別途お問い合せください。

実績採算

全社合計

その日の売上、経費、人時生産性を、全社合計、グループ別、実行予算別に確認できます。

全社合計

実行予算別

実行予算別に売上、進捗売上、経費、人時生産性など を確認できます。

実行予算別

スマートフォンでの閲覧

社外にいても、実績採算の確認が可能

スマートフォンでの閲覧

お問い合わせ

株式会社アスタリスクは、店舗の課題解決につながるシステム構築に柔軟に対応いたします。
Salaseeに関する疑問やご相談を承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

このページのトップへ

iPhone、iPad、iPod touch はApple Inc.の商標です。
iPhone商標はアイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。